2010年03月10日

中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合(時事通信)

 中央リニア新幹線(東京−大阪)建設の是非を検討する交通政策審議会鉄道部会の初会合が3日開かれ、JR東海の計画をめぐる議論が始まった。国土交通省の三日月大造政務官は「東京−大阪という区間に限らず、将来的にどこまでつないでいけばいいかという視点も必要」と指摘。さらに、国交省はJR東海と長野県の間で意見が割れているルートの選定に関しても議論を求めた。
 同日は、国交省が中央リニアの概要を説明。委員からは、「航空や道路行政の動向なども含め、需要予測に矛盾が生じないか、総合的に検討すべきだ」「リニア建設の国家・国民的意義を分かりやすく説明できなければいけない」「リニア輸出という産業政策面の検討も必要」などの意見が出された。 

【関連ニュース】
リニア計画、交通政策審に諮問=国交相
神奈川-山梨間の前倒し開業も=リニア計画でJR東海会長
「実現へ一歩近づいた」=リニア報告書提出で名古屋商工会議所会頭
中央リニア、国が審議本格開始へ=JR東海が報告書提出
中央リニア報告書、24日提出=JR東海

朝鮮学校除外に反対で一致=社民、国民新(時事通信)
予算案、今夕衆院通過=委員会で可決へ(時事通信)
H氏賞に田原氏(時事通信)
<聖書>新たに翻訳始める 16年出版予定(毎日新聞)
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判(産経新聞)
posted by コン シロウ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。